2016年11月21日月曜日

初代の鶴賀若狭掾生誕300年を記念する、新内演奏会が国立小劇場で開かれた。私のNTT時代の上司も、出演した。

初代の鶴賀若狭掾生誕300年を記念する、
新内演奏会が国立小劇場で開かれた。
私のNTT時代の上司も、出演した。
写真は、会場の前のテレビに写る、
新内演奏会の模様を、撮ったもの。

新内は、「浄瑠璃(語り)」、「三味線」、「上っ調子」の
3人でやるのが、基本。
そういう意味では、写真のテレビに映る、
3人の組み合わせは、新内の基本形。
元上司は、その基本形で、演題「明烏夢泡雪 部屋」
の浄瑠璃をやった。

私は14時前に入場し、17時30分に出てしまったので、
全部は見れなかった。
私が直接見たのは、
3.千日寺名残鐘、4.舞踊 日高川、
5.明烏夢泡雪 部屋(私の元上司が浄瑠璃を実施)、

6.明烏夢泡雪 雪責め、7.若木仇名草 お宮口説、
8.若木仇名草 深川竹ー心中場 9.舞踊 初日の松 
10.舞踊 班女 11.口上で、その後は見なかった。
長く聞いているので、演題も演者も、なじみが出来た。
元上司が新内を始めてから、10年以上、見聞きしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿