2017年8月6日日曜日

2007.8.8に長野で脳溢血で倒れたーー1・脳溢血で倒れた長野に行った


私は10年前、長野に行って脳溢血で倒れ、
頭蓋骨を外す手術をした。
その顛末を覚えているうちに書こうと思って、
少し長くなるがまとめてみたい。
その1番目を、次の・・・の下にまとめた。

真は、車両位置管理システムの現在の発注元の
システムの概要図。
長野に説明に行ったシステムの概要図ではない。
長野に説明に行ったシステムは、電話の開通工事の
サポートをするシステムで、車両位置管理もしている。

説明に行ったシステムは、
現在基本的には、電話の開通工事を
サポートをするシステムとしては使われていない。


・・・・・・・・
長野には、長野のお客様のところで当時勤めていた
会社(所在:横須賀)のシステムを使って貰おうと思い、
東京からお客様のところに説明に出かけたのだ。
お客様のところとは言っても、
今度その会社の社長になる人が
私の前の職場で上司だったのでそれに甘えて行ったのだ。
 
前日は京急三浦海岸駅そばのホテルで大勢が集まり、
花火を見ながら飲んだ。
かなり深酒をして最終に近い電車で、京急で横浜に出、
それからJR京浜東北線の蒲田を経由して
東急多摩川線矢口渡のそばにある私のマンションに帰った。
 
そして当日は朝それなりに早い新幹線で
東京から長野に出かけた。
新幹線では寝ながらいったように思う。
長野では長野に住む電電公社入社同期の人が
車で迎えに来てくれ、戦場ヶ原に行き一服して、
それから目的の会社に送ってくれた。
 
目的の会社では、
別な同期の人に紹介して貰ったその会社の人にあって説明した。
そのとき前の職場で近くにいた人がこの会社にいて
びっくりしたのだが、一緒に説明を聞いてくれた。
17時応接室での説明を終えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿